大人気のワイルドスピードシリーズ

2001年の第一作目「ワイルドスピード」から2018年の現在まで、8作が公開されています。

2020年には9作目が公開予定です。

 

 

そんなワイルドスピードの映画を見たいけど、

レンタルショップにDVDがない!

今すぐ映画を見たい!

 

と思ったことはありませんか?

 

 

そんな時には、

動画配信サービスでの視聴がおすすめです!

 

 

現在、ワイルドスピードの映画を配信している配信サービスは、

HuludTVです。

 

 

タイトル Hulu dTV
ワイルド・スピード (2001)
ワイルド・スピードX2 (2003)
ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT (2006)
ワイルド・スピード MAX (2009)
ワイルド・スピード MEGA MAX (2011)
ワイルド・スピード EURO MISSION (2013)
ワイルド・スピード SKY MISSION (2015)
ワイルド・スピード ICE BREAK (2017) ×

(2019.7時点の情報です。)

 

 

※Huluには、8作目だけありません。

dTVにはすべての作品が揃っていますね。

 

 

 

Huluは、月額933円(税抜)で、

最初は2週間無料です。

無料期間は、動画が何度でも無料で見放題です。

 

 

 

dTVは、月額500円(税抜)

こちらも31日間無料お試しを行っています!

 

↓↓dTVの登録はこちらから↓↓

 

sponsored link

dTVとHuluってどっちがいい?

どちらでもワイルドスピードシリーズは見れるので

どっちがいいのか迷ってしまいますね。

 

 

そこで、比較をしてみました。

 

dTV Hulu
月額 500円(税抜) 933円(税抜)
無料期間 31日間 2週間
動画数 12万本 5万本
同時視聴 不可 不可
アダルト なし なし

 

内容を詳しくチェックしていきます。

 

料金について

Huluは料金が少しお高めですが、

すべての動画を月額料金内で、追加料金なしで見ることができます。

 

 

 

一方、dTVにはワイルドスピードシリーズ全作が揃っています。

「ワイルドスピード アイスブレイク」以外はすべて見放題なので、追加料金は必要ありません。

※2019.7現在

 

 

動画数について

動画数は12万本もあるdTVの方が多いです。

でもdTVの動画はこれがコンテンツ?というようなクオリティの作品も数に含まれています。

カラオケ用のMVとか。

 

 

動画の充実度で言ったら、Huluの方に軍配が上がります。

海外ドラマや洋画のラインナップが充実していますし、

見逃した国内ドラマの配信も行っています。

 

私は見たいコンテンツは断然Huluのほうが多いです。

 

sponsored link

HuluとdTV、どちらでワイルドスピードを見るべきか?

映画やドラマをよく見る、

作品ごとに課金するのが嫌!という方は

dTVの2倍の金額ではありますが、

Huluという選択肢がおすすめです。

 

 

 

最新作のワイルドスピード アイスブレイクが見たい!

料金を安く抑えたい!

という方はdTVがおすすめですね。

 

 

↓↓dTVの登録はこちらから↓↓

 

 

どちらも初回無料キャンペーンを行っているので、

無料期間中に視聴可能な映画をすべて見て、期間内に解約すればお金はかかりません。

 

 

どちらも解約は簡単で、

オンラインですぐにできるので手間もかかりません。

 

 

一回登録したからといって、しつこくメールが来るということもないので

安心ですよ。

 

 

ワイルドスピードの新作公開は2020年。

結構先なので、

公開までは過去作品を見て楽しみましょう!

 

 

※こちらは2019.7時点の情報ですので、詳しくは公式サイトをご確認ください。