ブライアンとドミニクはどのように出会ったのか?

出会いのきっかけは、2001年に公開された「ワイルド・スピード」第1弾でした。

以下、1作目と二作目のネタバレありです。

 

ブライアン・オコナーとドミニクの出会い

ブライアン・オコナーは、ドミニクの妹ミアに好意を寄せていました。

最初はドミニクに邪険にされていましたが、ストリート・レースでドミニクのピンチを救ったことでお互い徐々に打ち解けるようになります。

ドミニクの人柄に惹かれ、ミアとの仲も親密になり本気で愛するようになってしまったブライアン。

彼は、ロス市警の警察官であり、潜入捜査のためにドミニクらに近づいたのですが、警察としての立場とドミニクらへの友情の中で苦悩します。

警官としての職務を捨ててドミニクへの友情を選んだブライアン。

その後がブライアンがどうなるのか気になるまま、第一作は映画は終わります。

 

 

ドミニクたちと別れた後のブライアン

マイアミを舞台にした『ワイルド・スピードX2』では、前作でドミニクを助けるために職務を捨てて逃亡したブライアンのその後が出てきます。

 

 

警察官としての職務は放棄しても、車に対する情熱まで捨てたわけではありません。

マイアミでストリートレーサーとしてまわりの注目を集めていたブライアンは、FBI捜査官ビル・キンスに麻薬密売組織を摘発するため潜入捜査をするよう命じられます。

 

協力すれば今までの罪を帳消しにすると言われ旧友のローマン・ピアースの協力を得て、捜査に乗り出します。

 

マイアミにはびこる麻薬密売組織のボス、カーター・べローンは非情で残酷。地元警察をも脅迫し、自分の意のままに動かそうとするほど。

カーターとの対決は、手に汗握るシーンでした。