ワイルドスピードでエレナ役を演じたのは女優のエルサ・パタキーです。

彼女の経歴を紹介していきます。

 

ワイルドスピード!エレナ役エルサ・パタキーのプロフィール

画像引用:https://www.wanlovegamer.com/entry/fastandthefurious/ice/breake/netabare/arasuzi

 

1976年7月18日生まれ

スペイン、マドリード出身

身長:161cm

 

 

エルサ・パタキーはスペインの生化学者である父親と、

ルーマニア系の母との間に生まれました。

彼女はCEU San Pablo大学へ進学し、

ジャーナリズムを学んでいます。

またこの大学で、演技クラスも受講していました。

 

 

更に1997年の大学在学中に、スペインのドラマに出演します。

これがエルサの女優デビューとなりました。

彼女はスペイン語以外にも

英語、イタリア語、フランス語、ルーマニア語、ポルトガル語などを堪能する

マルチリンガルの様です。

 

 

2006年頃にアメリカ人俳優のイドリアン・ブロディと出会い、

2007年から2009年まで交際していた様です。

また短期間ですが、オリヴィエ・マルティネスとの交際も噂になりました。

 

 

その後2010年にはオーストラリアの俳優クリス・ヘムズワースと交際を始め、

結婚しました。

クリス・ヘムズワースは『マイティ・ソー』や『キャビン』など、

数多くの映画作品で活躍しています。

その後エルサは3人の子供を出産しています。

 

 

ワイルドスピード!エレナ役エルサ・パタキーの主な出演作品

画像引用:https://blogs.yahoo.co.jp/trooper_kuroki/45494809.html

エルサ・パタキーは、

2005年のスペイン映画『蠱惑(こわく)パリで出逢った女』で主演を務める他、

数多くのスペイン映画に出演しています。

彼女が出演する作品は日本では劇場未公開のものもありますが、

動画配信サービスやDVDなどでの鑑賞が可能です。

 

 

2004年にはスペイン・イギリス合作の『ガリシアの獣』に、

2006年にはサミュエル・L・ジャクソン主演のアメリカ映画、

スネーク・フライト』に出演。

更に2009年に『サスペリア』などのイタリアンホラーで知られる

ダリオ・アルジェント監督のスリラー映画『ジャーロ』に、

セリーヌ役で出演します。

その後2010年のビガス・ルナ監督のスペイン映画、

『欲望の帝国 女優ディディの告白』では、主演を務めました。

 

 

ワイルドスピードでのエレナの出演作は?

そして2011年には、『ワイルド・スピード MEGA MAX』にエレナ役で主演。

以後ワイスピシリーズの8作品目まで、

エレナ役として出演し続けました。

やはりワイスピシリーズで、特にエルサ・パタキーの活躍が1番楽しめるのは、

5作品目のMEGAMAXではないかと思われます。

 

 

また日本で2018年5月に公開された『ホース・ソルジャー』では、

夫であるクリス・ヘムズワース初共演しています。

 

 

ワイルドスピード!エレナ役エルサ・パタキーの役どころとは?

画像引用:https://heartattackannex2011.web.fc2.com/09/11092502/11092502_Fast_Five_47.html

 

ワイスピシリーズにエレナが初登場したのは、

5作目の『ワイルド・スピードMEGAMAX』です。

エレナは警察官の夫を亡くし、自らが警察に入るという役でした。

外交保安官のルーク・ホブスは、

買収されない唯一の警官」と言ってエレナを部下にします。

 

 

またエレナはちょうどその頃、

レティを失った悲しみに明け暮れるドムと知り合い、彼を癒します。

その後ドムとは一時的に恋人関係になります。

 

 

エレナは6作目にも少し登場しますが、

レティが生きていた事を知ると、

レティを助けるべきだと言ってドムを勇気付けます。

更にレティが無事にファミリーの元に戻ったら、

静かに身を引きます。

 

 

この様に非常に好感の持てる人物像であるエレナですが、

シリーズ8作目にあたる『ワイルド・スピード ICEBREAK』では、

非情な女サイファーの部下に殺されるという悲しい結末を迎えます。

エレナとドムとの間には赤ん坊が生まれており、

ドムはその子供を引き取ってブライアンと名付けました。