ワイルドスピード8で初登場した謎の女サイファー

サイバーテロリストである彼女は、ハッキングの天才です。

またワイルドスピード8を鑑賞すると、

実は彼女は前作の悪役と絡んでいた事が分かります。

ここではそんなサイファーの過去や、

サイファー役を演じるシャーリーズ・セロンのプロフィールをご紹介します。

 

 

ワイルドスピード、サイファーの過去が知りたい!一体彼女は何者なのか?

画像引用:https://strive-plus.com/archives/2017_ws8_family.html

 

ワイスピ8作目に登場したサイファー役を演じているのは、

シャーリーズ・セロン

瞬き一つしない彼女の演技は、

悪役として非常に迫力があります。

サイファーはレティの目の前で見せ付ける様にドムにキスをしたり、

赤ん坊の目の前でエレナを殺させたりと、

残酷極まりない嫌な女ぶりを発揮。

到底好感が持てるキャラクターではありませんが、

悪役としての存在感は抜群です。

 

 

またドムの前ではくどくどと分かった様な事を言い御託を並べるサイファーですが、

いざ打つ手がなくなると、

「何かないの?」の部下に間抜けな質問をする1面も持ち合わせています。

 

 

またラスト切羽詰った時には、

飛行機からパラシュートで脱出するという

極めて原始的でシンプルな方法で逃げ去りました。

しかしこの形式でサイファーが退場したという事は、

次作以降の作品への出演の期待も高まります。

なぜ彼女はそこまで世界を憎んでいるのか?

彼女の過去に何があったのかなど謎は深まるばかりです。

 

 

ワイルドスピード!サイファーは前作や前々作にも絡んでいる

画像引用:https://www.cinemacafe.net/article/2017/04/24/48877.html

 

突然現れた様に見える凶悪な敵サイファーですが、

劇中の様々な登場人物のセリフにより過去作と大いに絡んでいた事が分かります。

 

 

例えば劇中のデッカード・ショウのセリフから、

オーウェンやデッカードにナイトシェードを盗ませたのは、

サイファーであったと分かります。

またこの事から弟のオーウェンも、

サイファーに脅されていたのだと想像が付きます。

 

 

またサイファーの部下、コナー・ローズ

オーウェンの所にいたとレティは言います。

レティの情報によれば、

彼はナイトシェードを求めていました。

 

 

またサイファーは、

神の目を奪い天才ハッカーラムジーを拉致した男、

ジャカンディとも繋がりがあった事が分かります。

よって神の目の騒動にも、サイファーは絡んでいたと言えるでしょう。

 

 

この事から彼女は前々作のEURO MISSION

前作のSKY MISSIONに登場してこそいませんが、

影の支配者であった事が読み取れます。

 

 

またこれによるとサイファーは間接的にですが、

過去に二度もドムから悪行を妨害された事になります。

この事によりドムに対しての恨みを持っていたと同時に、

ドムの能力を買っていた事が窺えます。

 

 

ワイルドスピードサイファー役、シャーリーズ・セロンのプロフィール

画像引用:https://jisin.jp/international/international-news/1601473/

1975年8月7日生まれ

南アフリカ共和国 ハウテン州出身

身長:177cm

 

 

シャーリーズ・セロンは1975年、

ドイツ系の母親であるゲルダとフランス系の父親であるチャールズとの間に生まれました。

一家は幼少の頃から、

アルコール依存症の父親に悩まされます。

シャーリーズの母国語はアフリカーンス語ですが、

テレビでの学習により英語も堪能です。

 

 

16歳の時イタリア、カンパニア州サレルノの地方モデルコンテストに優勝した事をきっかけに、

1年間ミラノやパリでモデルの仕事をしました。

その後、バレエを習う目的でニューヨークに移住。

バレエダンサーとして日々レッスンに励んでいましたが、

膝を痛めた事から夢を諦める事となりました。

 

 

後にシャーリーズは女優を目指し、

ロサンジェルスへ移ります。

貧しい暮らしの中、現金化しようとした小切手は期限切れ。

銀行員のそっけない対応に腹を立て、

口論になっていた所をスカウトされました。

その後1995年に『アーバン・ハーベスト3 ザ・スケアクロウ』でエキストラ出演。

更には1996年の『2 days トゥー・デイズ』で、

本格的なスクリーンデビューを果たします。

 

 

2004年には『モンスター』で、

第76回アカデミー賞主演女優賞を受賞。

これ以外にもシャーリーズは、

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『スタンドアップ』、

『ヤング≒アダルト』を始め数多くの作品で活躍しています。