ワイルドスピードシリーズの中でも作品の中心的な存在である、

ドミニク・トレットことドム

ドムはレースをしている10秒足らずの時間だけ、オレは自由だと言います。

しかし彼は同時に常に恋人や仲間、家族守り大事にする温かい存在でもあります。

ここではワイルドスピードシリーズ8作品中7作品に登場するドムの活躍ぶりや、

ドム役ヴィンディーゼルさんについてご紹介します。

 

 

ワイルドスピードのドム役、ヴィンディーゼルのプロフィール

画像引用:https://fastandthefurioussaga.wordpress.com/

1967年7月18日生まれ

アメリカ合衆国カリフォルニア州アラメダ郡出身

身長:182cm

 

 

ヴィンディーゼルさんはカリフォルニア州アラメダ郡で、

双子のポールと共に生まれました。

 

本名はマーク・シンクレア・ヴィンセント

実の父親には会った事が無く、生みの母親と養父に育てられます。

 

ヴィンディーゼルさんは7歳の時に、

グリニッジ・ヴィレッジの劇場で初めての舞台を経験します。

また彼の養父が演劇関係者であった為、

その後もしばし舞台に立つ機会がありました。

 

 

1994年には、わずか3日で撮影した短編映画『Multi-Facial』が、

カンヌ国際映画祭で評価されています。

 

 

彼は俳優としてだけではなく映画監督や脚本家、

映画プロデューサーなど幅広く活躍しています。

1995年には映画製作会社である、ワン・レース・フィルムズを設立しました。

 

ちなみに彼の双子の兄弟も、映画編集のお仕事に就いている様です。

 

 

またゲーマーとしても知られるヴィンディーゼルさんは、

20年以上もロールプレイングゲーム

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をプレイし続けています。

 

 

ワイルドスピードのドム役、ヴィンディーゼルの俳優としてのキャリア

画像引用:https://www.thecinema.jp/program/02162

1998年にはスティーヴン・スピルバーグ監督

『プライベート・ライアン』に出演。

これはスピルバーグ監督が、ヴィンさん自ら監督・脚本・主演などを務めた

短編映画『Multi-Facial』に感銘を受け、

ウィンさんの為に新たな役を作ったと言われています。

 

 

更に2000年にはSFホラーである、

『ピッチブラック』で主演リディック役を務めます。

『ピッチブラック』はB級感溢れるSFホラーであり、

鑑賞した人々からは大変評判の良い作品でした。

 

このタフな囚人リディック役が一部のファンの中で人気を集め、

後に『リディック』や『リディック: ギャラクシー・バトル』が制作されました。

 

ヴィンディーゼルさんは『リディック: ギャラクシー・バトル』を自身でプロデュースする為に、

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』にカメオ出演したとも言われています。

 

 

そして2001年には後に大人気シリーズとなる『ワイルド・スピード』

2002年には『トリプルX』に出演。

とんとん拍子にスターへの道を歩んでいきます。

 

 

またヴィンディーゼルさんは、これ以外にも

ディズニー制作のコメディ映画『キャプテン・ウルフ』

ダークファンタジー・アクション『ラスト・ウィッチ・ハンター』

『バビロンA.D.』など多数の映画作品に出演し、活躍しています。

 

 

ワイルドスピードシリーズ、ドム役で活躍するヴィンディーゼルは最多出演者!

画像引用:https://moargeek.com/2015/09/28/vin-diesel-confirms-new-fast-furious-trilogy/

ワイルドスピードシリーズの中でも最多出演であり、

この人が出ないと始まらないと思わせてくれるキャラクター、ドミニク(ドム)。

 

 

第1作目『ワイルドスピード』で、

ドムはロス市警の潜入捜査官であるブライアンの心を鷲掴みにし、

ブライアンは最後に犯罪者であるドムを逃がしてしまいます。

 

 

またワイルドスピードシリーズには、

ドムとブライアンがレースで対決するシーンが多々あります。

第1作目の序盤でドムとブライアンが

初めてレースで対決する時のドムの赤い車は、

1993年式のマツダ RX-7です。

画像引用:https://car-moby.jp/196263

 

 

日本が舞台の3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では、

高校生ショーン・ボズウェルに勝負を申し出るシブい役で登場。

カメオ出演であり、ラストにほんの少しのカットですが、

まさかの展開にあっと驚かせてくれました。

 

 

またシリーズ6作目である『ワイルド・スピード EURO MISSION』では、

死んだと思っていた恋人レティが実は生きていたと分かり、

仲間を集め悪戦苦闘。

レティをオーウェン・ショウの元から取戻します。

 

 

8作目の『ワイルド・スピード ICE BREAK』では、

エレナとの間に生まれた赤ん坊を守る為、

一見ファミリーを裏切る様な行動に出てしまうドムですが、

デッカード・ショウの協力もあり、冷徹な憎き敵であるサイファーを見事に倒します。