シリーズ8作目『ワイルド・スピード ICE BREAK』で、

突如現れたリトルノーバディという名の男。

彼は前作に初登場したミスターノーバディの、部下として現れます。

リトルノーバディ役を演じるのは、

クリントイーストウッドの息子としても有名なスコットイーストウッド

ここではワイルドスピードのみならず多方面の映画作品で大活躍中の、

彼のプロフィールや主な出演作品についてご紹介します。

 

ワイルドスピード、リトルノーバディ役!スコットイーストウッドのプロフィール

画像引用:https://www.ferrarilamborghininews.com/blog-entry-12468.html?sp

 

1986年3月21日生まれ

アメリカ合衆国カリフォルニア州モントレー郡出身

身長:180cm

 

スコットイーストウッドは、

アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優です。

父親は俳優映画監督でもある、

あの有名なクリントイーストウッド

母親はキャリアアテンダントのジョセリン・リーヴスです。

 

 

スコットは幼少期、ハワイに住んでいた様ですね。

スコットイーストウッドとクリントイーストウッドは、

顔がよく似ている事で有名です。

 

画像引用:https://www.hollywood-news.jp/news/gossip/46996/attachment/46996_clint_eastwod_scott_eastwoo/

 

スコットは、クリントイーストウッドの7人の子供のうち、4番目の息子になります。

 

 

スコットは2003年に高等学校を卒業。

その後彼はカリフォルニア州ロサンゼルスのロヨラ・メリーマウント大学に通い、

2008年に卒業しています。

 

 

後に映画業界に入るまでの間、

彼は工事現場で働いたり、

バーテンダーをしたりしていました。

 

 

スコット・イーストウッドの俳優としてのキャリア

2006年にクリントイーストウッド監督の

『父親たちの星条旗』に出演していた頃、

彼は縁故主義を回避する為、

スコット・リーヴスという名で俳優活動をしていました。

しかしたまたま同性同名の俳優がいた為、

現在の名、スコットイーストウッドで俳優活動する様になります。

 

 

2008年には父親である、

クリントイーストウッド監督の車映画『グラン・トリノ』に出演。

更に2014年にはブラッド・ピット主演の戦争ドラマ映画『フューリー』で、

マイルス軍曹役を演じました。

 

 

またDCコミックス原作の

アメコミ・アクション映画『スーサイド・スクワッド』では、

GQ・エドワーズ役で出演して話題を呼びました。

 

 

そして2017年に公開された『ワイルド・スピード ICE BREAK』に、

リトルノーバディ役として初登場。

弱そうでいて、

案外過激な一面を見せるユニークなキャラクターとして

アクションシーンの中に上手く溶け込んでいます。

 

 

更に同年、ワイルドスピードシリーズや

『96時間』の制作陣によって手がけられた、

カークライムアクション『スクランブル』で

主演アンドリュー・フォスター役を務めました。

この作品は、高級クラシックカー専門の強盗を描いた作品です。

 

 

また現在上映中(2018年5月15日現在)の、

パシフィック・リム: アップライジング』にメインキャストとして出演。

画像引用:https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2018/04/post-5258.html

 

彼は子供の頃からゴジラ好きで、

前作のギレルモ・デルトロ監督の『パシフィック・リム』のファンでもあった為、

喜んでオファーを引き受けた様です。

スコットにとっては本格的なSF映画への出演は、

初めてとなります。

 

 

ワイルドスピード、リトルノーバディはどんなキャラ?

画像引用:https://ameblo.jp/hirop-1001/entry-12271093767.html

 

スコットイーストウッドは、

ポールウォーカーとも親しかった様です。

初登場シーンでミスターノーバディから紹介された彼は、

融通が利かない堅物な若者という印象。

 

 

どこか上から目線で、

周囲の空気も読めずトンチンカンな発言を連発。

この様な具合にストーリーの序盤では

ファミリーとも上手く絡めず妙に浮いていた彼ですが、

予想外のリアクションで皆を驚かせるなど、

さすがはミスターノーバディの部下だと納得させる展開になっていきます。

 

 

更には極悪のサイファーにより核ミサイルのカウントダウンが始まった際も、

寸前にチップを見つけ引き抜くなど

コミカルながらのファインプレーを披露してくれます。

 

 

また本作品中でリトルノーバディが搭乗する車は日本車です。

1台は「スバルBRZ」で冴えたブルーのボディカラーが特徴。

 

画像引用:https://kurumag.net/ice-break-vehicle-guide-1/

 

また終盤のロシアでの決戦で、

彼が搭乗するのは15年式の「スバルWRX STI」です。

 

画像引用:https://kurumag.net/ice-break-vehicle-guide-1/

 

 

リトルノーバディは

次作ではどんな活躍を見せてくれるのか?

今から楽しみですね!