ワイルドスピードシリーズには、

数多くのカスタマイズされた車が登場します。

中でもブライアンの乗っている車は注目の的。

またワイスピシリーズには、

様々な日本車が登場するのも魅力です。

ここではワイスピシリーズでの、

ブライアンの搭乗車をご紹介します。

 

 

ワイルドスピード1のブライアンの車!三菱エクリプスやトヨタ・スープラ

画像引用:https://mmm.dk/galleri/en-dokumentar-om-paul-walker-er-paa-vej.10333.html

 

シリーズ1作目『ワイルド・スピード』の初レースシーンでブライアンは、

黄緑色の三菱エクリプスに乗ってドムと勝負します。

ブライアンはレースに負けこの車はドムの物となりますが、

結局トラン一味に爆破されてしまいます。

 

 

そこでブライアンが新しく用意した車が、

廃車同然の1994年式タルガトップ仕様のトヨタ・スープラ

様々なパーツを取り寄せこれをドムのガレージで改造。

この車は後半のストーリーで主に活躍します。

 

 

ワイルドスピード2のブライアンの車!日産BNR34 SKYLINE GT-Rでストリートレースに出場

画像引用:https://ameblo.jp/rainy-day0606/entry-12259852230.html

 

冒頭にテズから声を掛けられストリートレースに参加した際の、

ブライアンの車は日産BNR34 SKYLINE GT-R

画像引用:https://ameblo.jp/rainy-day0606/entry-12259852230.html

 

更にFBIが捜査の依頼の際にブライアンに用意した車は、

三菱CT9A ランサー エボⅦです。

しかしこの車にはGPSが付けられていた為、

ブライアンとローマンはチキンレースをして新しい車をゲットします。

 

 

この時に得た車は、

ブルーに白のストライプが入ったシボレー・カマロSS

ブライアンとローマンはストーリー終盤で、

FBIから用意してもらった車から、

レースでゲットした車に乗り換えます。

 

ワイルドスピード4のブライアンの車!日産スカイラインをチューニング

ワイスピ4作目では、

ブライアンはFBIの押収品である、

日産・スカイラインGT-R BNR34」をチューニングして、

ブラガの運び屋選びのレースに出場します。

 

 

またブラガらの大量の麻薬を押収し、

ドムを乗せ逃走した時にブライアンが運転しているのは、

2002年式のハマー・H1

 

 

ドムがブライアンの日産・スカイラインを爆破した為、

FBIの押収車の窓ガラスを素手で叩き割り、

代わりに用意した車は、

スバル・インプレッサ WRX STI 2009年式でした。

ラストシーンでフェニックスが大破するまで、

ブライアンはこの車に乗ります。

 

ワイルドスピード5のブライアンの車!ニトロ装備のつや消し黒ダッジ・チャージャー

物語の冒頭に護送されているドムを助ける時に、

ブライアンは「ダッジ・チャージャー 1970年式」に搭乗して現れます。

その後ブライアンとミアが、

リオのヴィンスの元へ逃げ込んだ時に運転していた車は

黒の「日産・スカイラインGT-R(KPGC10) 1972年式」。

 

 

またスピードが出る車が必要になった事から、

ブライアンとドムはレースで、

ブルーの「ポルシェ GT3RS 996型 1999年式」を調達してきます。

ブライアンは得意げに仲間にこれを見せました。

 

 

またハンの「透明な車が要る」というセリフから、警察に忍び込むブライアン達。

盗んだ車は「ダッジ・ポリスチャージャー 2011年式」で、

いわゆるパトカーです。

帰り道にブライアン、ドム、ローマン、ハンは4台のパトカーでレースします。

ブライアンはこのレースで1着になり、ドムに勝ったとはしゃぎます。

しかしローマンとハンは、ドムがわざと負けてくれたのだと言いました。

 

 

更に物語の終盤でドムとブライアンが、

警察から奪ったレイエスの金庫を引きずり回す時に使用した

艶消しの黒い車2台は、

ダッジ・チャージャー SRT8 2010年式」で、

ニトロ装置が使用されています。

画像引用:https://blogs.yahoo.co.jp/isikuraider/11225998.html

 

またドムとのレースシーンのエンディングでは、

2010年式の日産・GT-R(R35) に乗っています。

 

ワイルドスピード6のブライアンの車!ユーロミッションにはアルファロメオ

冒頭シーンでブライアンは愛車の「日産・GT-R 12年式」に搭乗し、

ミアの出産の場に向かいます。

 

 

またインターポールへ向かう時の搭乗車は紺色の「BMW M5 E60 10年式」で、

ドム、テズ、ローマン、ハン、ジゼルも各々同じ車に乗っています。

これは外交保安官のホブスが、

皆に用意したものだと思われます。

 

 

ストーリー中盤から後半にかけてハイウェイでのシーンで、

ブライアンが搭乗しているブルーの車は

フォード・エスコートRS2000 70年式」です。

 

 

更にクライマックスでオーウェン・ショウの輸送機の中から、

ミアを助け出す時にブライアンが乗った赤い車は、

アルファロメオ・ジュリエッタ 12年式でした。

画像引用:https://www.team-lens.com/backstage/oh_please/2013/2013_021.html

 

 

ワイルドスピード7のブライアンの車!スバル・インプレッサで迫力のダイブ

ミアとの間に子供が生まれた為冒頭でブライアンは、

珍しくファミリーカーの

クライスラー・タウンアンドカントリー 11年式」に子供を乗せています。

 

 

またラムジー救出の際には青の

スバル・インプレッサ WRX STI GRB 11年式に搭乗。

バックで空からダイブするシーンは印象的です。

 

 

更にラムジーのアブダビの友人の元へ

ゴッド・アイのチップを取り戻す為、

皆で出向いた時のブライアンの車は、

マクラーレン・MP4-12C スパイダーでした。

 

 

クライマックスのロスでのデッカードとの決戦では、

ブライアンは14年式の日産・GT-R R35 に乗っています。

 

 

そして追悼の意味が込められた、忘れられないラストシーン。

ブライアンの搭乗車は、

白の「トヨタ・スープラ JZA80 95年式」でした。

画像引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/1910973/blog/35658931/

この車は実際に、

生前ポール・ウォーカーが経営していたチューニングショップが、

所有していた車だとも言われています。